本レビュー

たった20記事のミニサイトで月10万アクセスを集める方法【感想・レビュー】

本屋で見かけてタイトルに惹かれて買ったこちらの本。

20記事で月10万アクセス!どうやるの?と興味津々で購入しました。

が、

…正直、買わなくてよかったかなぁ、というのが正直な感想です。

どんな内容だったか

まず本の中で例に上げてる著者自身のミニサイトについて。そのミニサイトはタイトルにあるとおり20記事の月10万アクセスを集め、月200万円の収益を上げたというもの。

  1. 著者が20記事程度のミニサイトを作成。
  2. 初期の集客にFacebook広告を使う。
  3. そのうちWeb検索からのアクセスも増えてくる。
  4. 訪問者をミニサイトからメールマガジンへ誘導。
  5. メルマガを複数回配信してクロージング。

この流れでマネタイズしているミニサイトの作り方、記事の書き方、Facebook広告、メルマガについて書かれています。

何が良くなかった?

中途半端

この本を買ったのは「20記事」で「10万アクセス」集める方法を知りたかったから。そこに序盤からメルマガの話が入ってきたらからだろうか、内容がとっ散らかった印象になって非常に読みにくかった。

役立ちそうな内容もあるにはあるのだが、読みにくさなどから頭に入ってこない。200ページちょっとの本だが、重要なところだけまとめたら20ページも必要ないのではなかろうか。

集客は有料

まあ、どこにも無料でアクセスを集めるとは書いてないわけだけど…。

前項で初期の集客にFacebook広告を使うと書いた。広告は当然有料である。著者は十分コストを上回る効果が上がっていると言っているが、どの程度なのかが不明。

知りたい情報が書かれてない

収益が上がりだすまでのかかった費用とか

10万アクセスとなったあとも広告を使っているのかとか

広告からの訪問者の割合の推移とか

月間10万アクセスまでの流れも1年で達成したというだけで、どういう推移で訪問者が増えていったかもわからない。

読んでるうちに出てくるここが知りたいという疑問の答えが載っていない。

素人でもできる、かもしれないが初心者には難しい

特に広告関連。広告を出すこと自体は簡単だろうけど、かかるコストとリターンについてはある程度知識などがないと難しいと思う。

まとめ

アクセス増のためなら多少の出費は構わないけどやり方がわからない、という方なら買う価値があるかもしれない。

アクセス増に時間はかかるかもしれないが、ブログアフィリエイト関連で検索すれば無料で上質な記事がたくさん読める。

ミニサイトについての書籍ならミニサイトをつくって儲ける法(著:和田 亜希子)のほうがいいかも。書店で少し立ち読みしただけの印象ですが(汗)

ABOUT ME
やくひ
やくひ
京都府南部に棲息。 興味を持ったネタを記事にしています。 最近、身近な健康ネタが増えてきました…歳か(;´Д`) 痛風治療1年経過…いつまで薬飲めばいいのかな?