AV関連

東芝REGZA 43Z730Xレビュー!一人暮らし、自室にぴったりなゲーマー向けハイエンド4K液晶テレビ

祝!初の4K液晶テレビ購入ーー!!

ということで、4Kテレビを購入いたしました。

買ったのはタイトルの通り東芝のREGZA、液晶テレビではハイエンドクラスとなるZ730Xシリーズの43型、43Z730Xです。

ちなみにこれまで使っていたのは同じく東芝レグザの42Z8。

2013年末から6年弱使用してきました。

記事の中では42Z8との比較もしていきます。

43Z730Xは一人暮らしや自室のテレビにピッタリ

最初に結論を言うと買ったよかった

42Z8を6年弱使って気に入っていたので、次に買うテレビもレグザにしようと考えていました。

実は一年ほど前に42Z8が不調になったことがあり、いい機会だから買い換えようかと考えた時もあります。

そのときはZ730Xの前機種Z720Xを検討したんですが、残念ながら一番小さい型でも49型。

設置するためにテレビ台も変えるか、まとめて部屋の模様替えが必要になりそうだったので思いとどまりました。

42Z8の不調もマシになって使い続けられる状態だったのも大きかったです。

ちなみに新しいテレビに求めていた条件はこんな感じ。

  1. 42Z8(42型)と同程度の大きさであること
  2. 4KテレビでBS4K/110度CS4Kに対応していること
  3. ゲームに対応した機能があること(低遅延とか)
  4. 数年は使うんだからできるだけハイエンド機種がいい

1.42Z8(42型)と同程度の大きさであること

これはテレビを置く部屋と配置の問題から。

広いリビングではなく6畳弱の自室、なおかつAVアンプとつないだ大きなスピーカーがあるため、その間に置ける大きさとなると42型くらいがせいぜいなのです。

2.4KテレビでBS4K/110度CS4Kに対応していること

今からテレビ新調するなら4Kは欲しいよねぇ、あとせっかくだからBS4K/110度CS4Kも見ていたい。

まあ、2019年発売の4K液晶テレビはほとんどBS4K/110度CS4Kのチューナーがついてるようです。

3.ゲームに対応した機能があること(低遅延とか)

ゲームもよくするので低遅延などのモードがほしい。

Z8のゲームモードも良かったですし。

4. 数年は使うんだからできるだけハイエンド機種がいい

他所様がうちより長いか短いかわかりませんが、テレビを買ったらだいたい6,7年位は使います。

であるなら、やっぱり上位機種のほうがいいやん?

43Z730Xが条件にぴったりだった

待っていた甲斐があったというか、2019年のハイエンド機であるZ730Xシリーズには43型がラインアップされていました。

42Z8からは1つサイズがアップ(42型→43型)しますが配置上はギリセーフ。

自室でのテレビの配置

実際に自室のテレビ台へ設置した43Z730Xがこちら。

わかりにくいですが、現在の設置状況では両サイドのスピーカーをこれ以上横に離せないのです(汗)

あとテレビはスピーカーの間にギリギリ入らなくもないですが、そうすると今度は近すぎるので、可能な限り離すためもあって奥にしています。

とまあ、こんな感じでこれ以上大きいテレビはうちの部屋には置けませんでした。

視聴距離も1.5mくらいなので自分の部屋ではこのくらいの大きさがぴったりな感じです。

43Z730Xの良いところ

クッキリはっきりキレイな画面

4KではないフルHDの映像もクッキリはっきり映ります。

引用:REGZA公式サイト

超解像技術のおかげで地デジの番組で比較してもZ8より明らかにきれいになった映像を味わえます。

倍速モード「クリアスムーズ」でヌルヌル動く

Z730Xには複数の倍速モードがあります。

最もなめらかに動くとなっている「クリアスムーズ」に設定するといつも見てるテレビ番組が驚くほどヌルヌル動くようになります。

人によってはかなり違和感を感じるようですけど個人的にはかなり好みなモード。

迫力ある重低音が味わえる

Z730Xシリーズは音にも力が入っていて、レグザ重低音バズーカオーディオシステム PROのおかげで外部スピーカーやサブウーファーがなくても迫力のある重低音を味わえます。

ただ、最初の印象はちょっと低音過多気味。

音の広がりはあるんだけど声がちょっと聞き取りにくい感じがしました。

私の場合は1時間位で慣れましたが、人によっては調整が必要かもしれません。

ただ、外部のオーディオシステムやスピーカーは使わないけど、少しでもいい音で聴きたい方にとっては良い付属スピーカーだと思います。

別売りのレグザサウンドシステムで更に高音質化が可能

この記事を書いてる最中に知りましたがレグザ用の純正サウンドシステムがあるそう。

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥26,620
(2019/11/19 16:23:18時点 Amazon調べ-詳細)

純正だけにシンクロ動作などが可能らしいです。

43Z730Xを買ったあとで、もうちょっと音を良くしてみたいと感じたときに検討してみたらいいかもしれません。

AVアンプとスピーカーを足すよりは安く抑えられます

なお、私は元からAVアンプ(マランツ NR1609)と外部スピーカー(DALI SENSOR3ほか)で7.1chを組んでいます。

なので、一通りバズーカオーディオをで聞いてみたあとはオーディオシステムからに戻してしまいました。

でも42Z8のときとは違って、気が向いたら本体スピーカーでも聴こうと思えるくらいに良い音の出るスピーカーです。

43Z730Xの仕様

ところどころ端折ってるので詳細を知りたいときは公式サイトをご覧ください

本体

寸法(幅×高さ×奥行き[スタンド含む])97.5cm×59.6cm×20.9cm
画面サイズ43型
液晶パネルIPS液晶
重さ(スタンド含む)13.5kg
定格時消費電力208W

使用表を比較すると消費電力は42Z8と比較して5%ほどアップしていました。

チューナー

地デジ9
BS・110度CSデジタル3
BS/CS 4K2
その他 デジタルCATV(C13~C63)
4K放送対応スカパー!プレミアムサービスチューナー

高画質機能

映像処理エンジンレグザエンジン Professional
バックライトコントロール全面直下LEDエリアコントロール
4K高画質 / 地デジ高画質深層学習超解像 / バリアブルフレーム超解像
美肌高画質美肌リアライザーHDR
HDR復元AI機械学習HDR復元
HDR信号対応HDR10+ / HDR10 / HLG HDR
動画応答性4K クリアダイレクトモーション480
その他の高画質機能広色域復元プロ
64色軸カラーイメージコントロール
おまかせオートピクチャー
インパルスモード

録画・再生

タイムシフトマシン[過去番組表]
始めにジャンプ
ざんまいスマートアクセス
タイムシフトリンク
「おまかせ録画」機能
USBハードディスク録画
SeeQVault™対応
簡単連ドラ予約
Wマジックチャプター

エンターテインメント/ネットワーク

みるコレ
ゲーム機能:4Kゲーム・ターボプラス
動画配信サービス
まるごとチャンネル
レグザリンク・ダビング
家庭内LAN動画配信(DTCP-IP対応)レグザリンク・シェア
家庭内LAN動画視聴(DTCP-IP対応)レグザリンク・シェア
レグザリンク・コントローラ
高速レグザ番組表

高音質機能

音響システム重低音バズーカオーディオシステム PRO
シンクロドライブ対応
マルチアンプ駆動
レグザサウンドプロセスVIR
音声実用最大出力(JEITA)80W(15W+15W+15W+15W+10W+10W)
スピーカー(サイズ/個数)ウーファー:5.0×7.0cm/2個
フルレンジ:3.5×8.5cm / 2個
ツィーター:2.5cm/2個

端子

HDMI®入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]4(オーディオリターンチャンネル、コンテントタイプ連動対応)
HDMI®4K入力対応3840×2160:60P/30P/24P
4096×2160:30P/24P
ビデオ入力端子(S2映像入力/映像入力/音声入力)S2:0/映像:1/音声:1[L・R]
HDMI®アナログ音声入力端子1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)
アナログ音声出力端子1(ヘッドホン端子兼用)
光デジタル音声出力端子1
LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]1(汎用(ブロードバンド放送対応))
USB端子4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1)
ヘッドホン端子1(アナログ音声出力端子兼用)

快適設計

無線LAN内蔵:IEEE802.11a/b/g/n/ac
ファンレス設計
クリア音声
明るさセンサー

ABOUT ME
やくひ
やくひ
京都府南部に棲息。 興味を持ったネタを記事にしています。 最近、身近な健康ネタが増えてきました…歳か(;´Д`) 痛風治療1年経過…いつまで薬飲めばいいのかな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。